【何切る?】初心者が覚えるべき最重要パターン3選

【何切る?】初心者が覚えるべき最重要パターン3選

TOP麻雀体験日記【何切る?】初心者が覚えるべき最重要パターン3選

【何切る?】初心者が覚えるべき最重要パターン3選

麻雀体験日記 北タロー

   

北タローのオンライン麻雀放浪記麻雀体験日記

   

どうも~、麻雀戦術書研究家の北タローです(゚∀゚)

オンライン麻雀で貯金を増やすため、最近は基本に立ち返って、「何切る?」問題を解きまくってます。

その中で見つけた、どの問題集にも大体出題されている超重要な形を3つ紹介します。

特に初心者は丸暗記推奨です。

基本的な問題ですが、中級者以上の方も、初心を忘れないためにも解いてみてください。

なぜその牌を選んだのか、理由も明確に説明できると尚良しです。

※場況などは、全て無視とします。

■問1

牌姿問1

■問2

牌姿問2

■問3

牌姿問3

どうでしょうか?

では、以下、答え合わせです。

解答ペータローさん

■問1答え

牌姿問1

正解はe

いわゆるリャンメンカンチャンという重要な形。

雀頭候補が2つあり、どちらかを落としていく場面。

一見、dでもeでも大差ないように見えますが、実は全然違います。

d切りだと、

eetyuuibndhjk

受け入れはyovmの4種15枚。

e切りだと、

etyuuibnddhjk

受け入れはryovmの5種19枚。

rの受け入れがあるのを見落としがちです。

etyuuiの連続形は、

e+tyu+uiと見ることもできるし、

etu+yuiと見ることもできます。

rを先に引き、テンパイを逃す確率は約21%もあります。

こういった確率の積み重ねが勝敗を分けます。

リャンメンカンチャンの形になっていないか、常に注意を払いましょう。

■問2答え

牌姿問2

正解はv

1つ飛ばしでトイツが並ぶ、いわゆるサンドイッチ形という牌姿。

これ、初心者だと、一瞬手が止まりがちです。

わからないときは端を切れなんて言われますが、サンドイッチ形に関しては不正解です。

x切りだと、

rtyxvvnnssshj

受け入れはcvngkの5種16枚。

v切りだと、

rtyxxvnnssshj

受け入れはxcbngkの6種20枚。

こうして数えてみれば簡単にわかりますが、オンライン麻雀では制限時間があります。

サンドイッチ形は真ん中を切る

このように丸暗記しておくと、実戦で悩む場面が1つ減ります。

■問3答え

牌姿問3

正解はw

雀頭が確定していない、ヘッドレスという形。

麻雀は基本的に、アタマ無しで手組みしていくと、受け入れ枚数が最大化します。

wercvvbnhhjjk

受け入れはxcvbnmghjklの11種34枚。

広い上に、どれを引いても、ピンフになります。

image

では、こんな場合は、どうでしょう。

wを切ってヘッドレスに構えると、

weryucvbasdgh

受け入れは最大化し、tyuifghjの8種24枚。

ただし、先にtifjを引いてしまうと、単騎待ちになりピンフも消えてしまいます。

その確率は約66%。

愚形待ちになる確率の方が高いのです。

ここは、きっちりピンフに仕上げたいところ。

なので、erを落としていき、

wweyucvbasdgh

受け入れはtifjの4種16枚。

枚数こそ8枚減りますが、絶対にピンフになるため、先に雀頭を固定するという選択肢も出てきます。むしろ、こっちがセオリーとも言えます。

この2つの牌姿の大きな違いは何なのか。

それは、ターツとメンツが繋がっているか否か、です。

ターツ+メンツは雀頭ができやすいので、ヘッドレスに構えましょう。

というわけで、初心者が覚えるべき牌姿3選でした。

全問正解できましたか?

時間を有効活用するペータローさん

待ち時間があるときなどは、何切る?を解いて、基礎力アップに努めることを強くオススメします!

それではまた~(´ω`)ノ

 関連する麻雀サイト

aDORA麻雀 

サイト開設から10年以上の老舗です。

フリー打ちはもちろん各種トーナメントを開催している人気オンライン麻雀サイトの一つです。

DORA麻雀を詳しく見る

   

この記事を書いた人

北タロー

北タロー

サンマ・北牌が大好きな北タロー(ペータロー)です。 縁あって『オンライン麻雀で貯金を増やす!』でプレイ日記を書くことになりました。 大学の麻雀サークル4年間の経験を思い出しながら、第二の麻雀人生を歩みたいと思います。今後ともよろしくお願いします!

     

COMMENT

記事に関するコメントお待ちしています!

CAPTCHA








あわせてこの記事はいかがですか?

gotoTop